ノープロブレム

二度の流産、不妊治療、双子を妊娠したとおもったら切迫流早産・合併症で長期入院、帝王切開、NICU・・・
妊娠出産に関して、順調にはいかない私。

その中で唯一(といっていいくらい)問題なくやり過ごせた事がある。
妊娠線だ。
一人でもできるのだから、双子入りのお腹はとんでもないことになるだろう。
双子妊娠が判明した時点で妊娠線の一つや二つは覚悟した。
っていうか、今後誰にお腹を見せるわけでなし、できたところでどうでもよかった。

ケアする気にもならず、本当にたまーにボディショップのボディバターを塗る程度。
21週からは合併症と切迫で入院になってしまい、全くやらなくなった。
けれど、私のお腹には一本の妊娠線もあらわれなかった。
助産師さんにも双子なのにこんな綺麗なお腹は見たことがないと驚かれたほどだ。
結局、出産まで変化は起きず。

だから、妊娠線に関しては肌質が大きく関わっているんじゃないかと思う。
私は昔から体重の増減が極端だった。
数ヶ月のうちに十キロはザラ。
さくらを流産した後などストレスで食べまくり一気に十三キロ太ってしまった。
食べれば食べただけ、食べなければ食べなかっただけ正直に体重にあらわれる。
その分、痩せるのも簡単だ。
もし役者だったら出演作ごとに体型を変えるなんて簡単にやってのけただろう。

それに耐えてきた皮膚は伸縮に慣れていたのかもしれない。
妊娠中は十キロも増えなかったくらいなので、お腹だけに負担が加わったとはいえ、私の皮膚にとっては大したことはないのだろう。

もしくは、異常に皮膚が強いという説。
帝王切開の傷に関しても産後一ヶ月検診で「こんな傷の治りが良い人は初めてだ」とまじまじ見られた。
自分ではすごく跡が残っていると思っていたが。

加えて、ニベアなんて使ったこともないくらい乾燥知らず。
妊娠中は肌質が変わってかさかさしたけれど、点滴の副作用で常に汗だくだったので潤い?は補給されていた。
ちなみに助産師歴二十年の係長さん曰く「経験から言って、こういう白くてやわらかい肌の人は安産だ」
下から産めなかったので当たっているかは永遠に謎。

ただ妊娠線はできなかったが、最近気づいた変化が一つ。
わき腹の辺りにほくろが増えた気がする。
小さくて薄いほくろがぽつぽつ散っている。
うーん、やっぱり肌を酷使したせいか?
妊娠との因果関係は不明。

妊娠線対策はこちら
にほんブログ村 トラコミュ 打倒!妊娠線へ
打倒!妊娠線
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

戌の日 水天宮へ行ったこと

双子妊娠中の話でも。
妊娠が四週で判明したものの、五週で出血があり入院。
一週間で退院し、その後もずっと安静生活だった。
検診にいくにもタクシー。
風疹の抗体がないこともわかったので、四ヶ月辺りまではほとんど引きこもって暮らしていた。

そうこうするうちに五ヶ月に。
戌の日参りくらいは行きたい。
東京の水天宮までは片道一時間もかからない。
けれど妊娠してから引きこもってばかりだったので日帰りで往復する体力はない気がした。

片道ならなんとか行けるかもしれない。
とりあえず、最初の日は目的地まで行き、ゆっくり休んで翌日お参りをして帰れば良い。
検索したら水天宮のすぐ近くにロイヤルパークホテルがあるので予約した。

一日目。
退職後の手続きをしていなかったので、途中ハローワークに寄った。
そこから水天宮へ。
電車は平日の昼なのにかなり混んでいて、立ちっぱなしが辛かった。
日帰りにせず正解だ。
チェックインしてベッドで休んだ。
我が家のベッドも吟味して選んだのでかなり寝心地が良いが、ここのにはかなわず。
吸い込まれるような感触でよく眠れた。

夫は仕事後、職場から直行することになっている。
エグゼクティブフロアにしたので、ラウンジで待ち合わせ。
軽食とアルコールが用意されていた。
軽食も本格的(クラッカーとか適当じゃなくちゃんとした料理)で何種類もある。
他のホテルのラウンジよりいい感じ。
柿のリキュール?かなんかを見かけ、珍しいので興味を持ったがもちろん我慢。
客は外国人が多かった。
飾りだとばかり思っていたりんごをかごから取って丸かじりしているのを見て、目から鱗。
夫が来、軽く一杯飲んだところで夕食へ。

ホテル内にいくつもレストランがあるので移動が少なくて楽だ。
何を食べようか迷った末、鉄板焼のすみだにした。
窓から東京タワーが見える。
目の前で炎をばーっと上げて焼いているのを見たりして楽しかったが、いかんせん食が細くなっていた。
ほんの少しでお腹いっぱいになり、残りは夫へ・・・
妊娠中じゃなければ完食できたのに。
くやしいー

二日目。
夫は有休。
朝食後、水天宮へ。
水天宮は階段を上ったところにある。
木などに囲まれておらずさっぱりした作り。

多い日は妊婦が行列をなすらしいが、この日は空いていた。
並ぶのが嫌で、なんでもない日を選んだのがよかったのだろう。
ちなみに腹帯を戌の日に巻くのであって、お参りはいつでも良いそうだ。

混雑時は本人しか昇殿できないというのも、土日や戌の日を避けた理由だ。
二人の子どもなのだから、夫婦でやってもらいたかったのだ。
朝一なので本当に人がおらず、私たちだけで祈祷をやってもらえた。

チェックアウトは正午なので、ホテルに戻ってのんびり。
午後からは病院で4Dをとってもらった。

ふりかえれば、妊娠生活で最も安定していた時期。
21週からは入院になったので、唯一の遠出になってしまった。
泊りがけで行くなんてちょっと大げさかなと思ったりもしたが、小旅行っぽい思い出ができてよかった。
他の人みたいに夫婦最後の旅行とかできなかったし。
仕方ないけどちょっとくやしい。

ホテルについて
情報収集にどうぞ
にほんブログ村 トラコミュ 日本のお宿へ
日本のお宿


神社ブログいっぱい
にほんブログ村 トラコミュ 神社、仏閣へ
神社、仏閣


テーマ : 日記
ジャンル : 育児

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
自分と家族の紹介 (1)
おでかけ (61)
食べ物・料理 (751)
外食 (55)
美容系レビュー (1044)
物レビュー(食べ物以外) (529)
久住・阿蘇 2010 (2)
ハワイ 2010 (13)
長崎 2010 (14)
京都 2011 (3)
福岡・熊本 2011 (11)
沖縄 2011 (25)
関西旅行 2011 (20)
お台場に泊まる 2011 (4)
八丈島 2011 (18)
横浜・鎌倉・江ノ島 2011 (9)
夫とのこと (34)
治療中のこと (1)
流産のこと(さくら、ひまわりのこと) (22)
双子妊娠中 (2)
双子 (49)
日々の暮らし (62)
映画、漫画、本 (31)
付録 (23)
ルピシアのお茶 (13)
つぶやき (953)
ブレスパレット (32)
未分類 (10)
沖縄 2012 (20)
長崎 2012 (11)
箱根 2013 (8)
ロシア 2013 (21)
お泊りディズニー 2014 (7)
沖縄 2013 (21)
京都 2015 (7)
ミラコスタでディズニーシー 2015 (4)
沖縄 2015 (16)
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる