fc2ブログ

モスクワでサーカスをみる

2013年ロシア旅行。

4日目。
グム百貨店とペリメニのつづき。
夕食後はサーカス鑑賞。
s-44aabucIMG_0613.jpg
ニクーリンサーカスというところで、常設の会場。
ロシアの家族連れでいっぱいだった。

私は子どもの頃からサーカスが何故かあまり好きではない。
別の日にツアーの他の人がやってたみたいに一時離脱してモスクワ観光したいくらいと思ってしまった。
でも、夫は今まで一度もサーカス鑑賞したことがなく見てみたいと前々から言っていた。
ロシアで本場のサーカスを見られるせっかくのチャンスに大喜びしている。
s-44aabucIMG_0616.jpg
それじゃあ付き合うかという気持ちで鑑賞したら、なんとめちゃくちゃ楽しかった。

入り口もバルーンでかわいいし、開演までは動物と記念撮影もできるのです。
s-44aabucIMG_0619.jpgs-44aabucIMG_0624.jpg
私たちは子どもへのおみやげにキラキラ光るおもちゃ購入。
ディズニーランドで売っているもののすごくしょぼい版みたいのだけど、帰って渡したら大喜びしていた。
即壊れちゃったけど・・・

公演中は撮影禁止。
これは最後の挨拶のところ。
s-44aabucIMG_0632.jpg
私が楽しめた理由を思い返すと、ピエロの存在が大きい気がする。
s-44aabucIMG_0635.jpg
左でカメラをかまえているのがピエロ的な人。
彼がちょくちょく出てきていたずらや客いじりするのが面白い。

空中ブランコも動物の芸もあって充実の内容だし、音楽や照明も綺麗で
仮設テントでやるのとは設備も違うからかも。
飽きることなく何時間も見ることができました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

グム百貨店とペリメニ

2013年3月ロシア旅行

4日目。
モスクワ観光と感動の衛兵交代のつづき。

衛兵交代をみた後は赤の広場。
s-44aabucIMG_0588.jpg
聖ワシリー寺院は入らず。

かわいい。
s-44aabucIMG_0568.jpg
レーニン廟は工事中、広場には特設スケートリンクが。

奥に映っているグム百貨店でお買い物休憩。
s-44aabucIMG_0559.jpg
ここの食品はすごく高いとのこと。

たった数軒しかサンプルがなくて微妙だけど、私が入ったロシアのスーパーより割高かも。
でも、商品もきれいに陳列していたし、雰囲気も素敵だし、
デパ地下とか高級スーパーみたいに捉えればいいかなと感じた。
s-44aabucIMG_0576.jpg
ここでも結婚式の人が撮影していた。
s-44aabucIMG_0571.jpg
桜かな?

買い物というより時間つぶしに散策。
s-44aabucIMG_0578.jpgs-44aabucIMG_0581.jpg
靴磨きのいすが面白い。
ここのアイスクリームがおいしいとネットで見かけ、すごく張り切って買った。
ハードル上げすぎたためか、そこまでは。

夕食はペリメニ。
s-44aabucIMG_0609.jpg
ひき肉が入っていて、まさに皮が厚めの餃子。
酢醤油がほしかった。

ガイドさんによると、右のはパンじゃなくてロシアのエクレアらしい。
s-44aabucIMG_0607.jpgs-44aabucIMG_0612.jpg
食べてみてもエクレアというよりクリームが入ったパン。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

モスクワ観光と感動の衛兵交代

2013年3月ロシア旅行。

4日目。
添乗員への不満と面白い保安検査のつづき。

食後はモスクワ市内に到着。
s-44aabucIMG_0514.jpg
モスクワ大学前の雀が丘から見る街並み。
このモスクワ大学がスターリン様式建築でかっこいいんだけど、残念ながら人物入り画像しかない。
迫力があり、夫がすごく気に入っていた。
気になる方は検索してみてください。

ロシアの観光名所や美術館ではウェディングドレスの人が必ず写真撮影をしている。
どうやらそういうものらしい。
最初こそ珍しくて声をかけて撮らせてもらってたが、あまりにも多くて最終的に珍しくなくなった。
この寒い季節でこうなんだから、春夏とかえらいことになってそう。
s-44aabucIMG_0530.jpg
ここはチャイコフスキーが散歩しながら白鳥の湖の構想を練ったらしい。
手前は凍った湖で、その向こうがノヴォデヴィチ女子修道院。

大きな犬も防寒を。
s-44aabucIMG_0540.jpg
愉快な帽子売りもいた。
こういう人にだまされて買わないようにと言われたけど、千円程度だったので
まあいいような気もする。

大きな公園になっていて、子どもが遊具で遊んでいる姿もあった。
どんな寒い場所でも子どもは元気だなあ。

近くの土産物屋で拘束タイム。
興味なくてぼーっとしてたら、夫がミルク琥珀を買っていた。
最終的にマトリョーシカまで購入。
s-44aabucIMG_0546.jpg
更に移動して中心部。
あの有名なボリショイ劇場。

特に意味もなく撮った石像。
s-44aabucIMG_0547.jpgs-44aabucIMG_0549.jpg
鳥が止まってる人の髪型がなんかきのこみたい。

クレムリンの無名戦士の墓の前では衛兵交代を見た。
s-44aabucIMG_0554.jpg
動画を撮っていたため、あまり静止画はないけど、これが見事で。

ピシっとした動きが美しく、いまだに動画を見返すこともある。
しかし、よく一時間も微動だにせず立っていられるものだ。
s-44aabucIMG_0555.jpg
違う季節の動画も検索してみたけど、私はこのコートありバージョンが素敵だと思う。
見学中のスリが多発らしいので、行かれる方はお気をつけて。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

添乗員への不満と面白い保安検査

2013年3月ロシア旅行

4日目。
ネフスキー大通りとサンクトペテルブルク最後の食事のつづき。

この日は朝八時の飛行機でモスクワへ移動する。
朝食については添乗員から「普通なら早朝出発の日はボックス朝食配布になるところ、ここは高級ホテルなので朝4時から通常よりは簡単だけどレストランでちゃんと食べられるようにしてくれてます」との案内があった。

ボックスの方が楽な気がする・・・4時から身支度整えて食べるより、少しでも寝ていたい・・・
軽い機内食もでるし、朝食は諦めて部屋で準備しながらお菓子など食べて空腹をごまかした。
それなのにバスに乗る直前、添乗員に朝食ボックスを渡されてびっくり。
食べなかったからかと思ったら、違うらしい。
4時に会場に行かれた他の方の話だと、そこでは紅茶くらいしか飲めず、
どこでたべるのか聞くとボックスを渡されたのこと。

本当にこの添乗員意味わからない。
ホテルの人と意思疎通できてないのかね。
わざわざ化粧して食べに行ったらバスに乗る前でももらえるボックス受け取るだけって私だったらキレるわ。
これに関して釈明もなく、いつも空港の人をいかに騙して水を持ち込むかドヤ顔して話してるし。
例の両替とかの他にくだらなくて書いてないこともたくさんあるけど、とにかく不愉快な添乗員だった。
s-44aabucIMG_0481.jpgs-44aabucIMG_0482.jpg
行きのバスで案内してくれたかわいすぎるガイド見習いさんが再び登場。
旅行中のガイドさんもそうだったけど、日本に留学していたそう。

空港の保安検査場ではちょっと面白い出来事があった。
金属探知機だけで済まず全員体も触られまくるんだけど、その時に私のカイロを見て何かと聞いてくる検査員。
カイロなんて単語しらなくて「手をあたためたりするものです」的なことを言ったらロシア人びっくり。
無表情だったのに急にいきいきして仲間を呼んできて、得意そうに触らせたりしていたんで
「あげましょうか」と言いそうになった。
ロシアではやたら笑うとバカと思われ、ましてや仕事中は真顔でやるものらしい。
日本だって検査の人はそんなに愛想よくないし、ロシアならなおさら。
そんな人たちが表情を和らげてやたらカイロに反応しているんでおかしかった。

ガイドさんによると、ロシアにカイロはないそうだ。
だから、ガイドさんのご主人は日本の知り合いにカイロを送ってもらって、
釣りの時に近くの人に見せて自慢しまくってるらしい。
こんな寒いんだし、日本よりよっぽどカイロが売れそうなのにな。
すごいビジネスチャンスな気がしてならない。

搭乗前の待合室は撮影禁止というので、撮ってないけど昔のSFっぽいというか
円盤状の大きな部屋に各搭乗口があり、かなり趣があった。
s-44aabucIMG_0487.jpgs-44aabucIMG_0495.jpg
朝日を見つつ、朝食ボックスと行きと同じ機内食を食べる。
ホテルのボックスはパンやフルーツなどで、めちゃくちゃおいしかった。

モスクワでは男性ガイドさんが待っていた。
s-44aabucIMG_0498.jpgs-44aabucIMG_0504.jpg
かわいい電車や教会を見つつ、モスクワに入る前に停車。

食事の時間まで自由にスーパーで買い物。
s-44aabucIMG_0505.jpg
この辺は住宅地っぽい。
s-44aabucIMG_0506.jpg
スーパーの上のレストランで

ロシアといえばなボルシチ。
s-44aabucIMG_0510.jpg
サワークリームを混ぜて食べる。
s-44aabucIMG_0507.jpgs-44aabucIMG_0508.jpg
このガーリックバターつきのパンと一緒に食べるのがおすすめらしい。
s-44aabucIMG_0511.jpg
ここのボルシチは特においしくておすすめとガイドさんが言ってたが、
それまでの他のスープや今まで飲んだことのあるボルシチとの違いがよくわからなかった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ネフスキー大通りとサンクトペテルブルク最後の食事

2013年3月ロシア旅行。

3日目。
謎の貸切ランチとロシア美術館のつづき。
両替事件の後は、バスに乗らずに散策。
博物館に行きたかったけど、そこまで時間の余裕なし。
s-44aabucIMG_0466.jpg
ネフスキー大通りの教会に入ってみた。

特に何もやっておらず、観光客がちらほら。
s-44aabucIMG_0461.jpgs-44aabucIMG_0464.jpg
賑わっているネフスキー大通りにあると思えないほど静か。

教会の前では似顔絵描きがたくさん。
s-44aabucIMG_0459.jpg
この日は「国際婦人デー」という祝日で、ガイドさんはご主人からお花をもらったそう。
歩いていると若い男性たちが長いアーチを作って拍手し、
「この中を女性のみなさんは通ってください!」みたいな大盛り上がりのイベントをやっており、
私もアーチをくぐって、バラの花をもらった。
めったに体験できることではないし、とても良い思い出。

夕食はホテルのレストランで。
s-44aabucIMG_0470.jpgs-44aabucIMG_0471.jpg
これがまた大きくて、3人くらいで分けてちょうどいいんじゃというくらい。

500mlのペットボトルと並べたらちょっとは伝わるでしょうか。
このチョコレートムースなんてすごく絶品なのに、どうしても入らない。
残すの嫌いな私にとっては、ツアー旅行の食事の量は辛い。
s-44aabucIMG_0472.jpg
ツアー参加者はいろいろな国に行きつくした感じの中年から高齢の方がほとんど。
みなさん私よりしっかり食べてて、元気な人たちだから旅行できるんだろうなあと。
自分がその年齢になった時に同じくらい体力がある自信は全く無い。

夕食後、再び街へ。
雪が降り、あっという間に積もった。
s-44aabucIMG_0475.jpg
ソチオリンピックまであと○○日!みたいなの。
この時はソチの一年前だったのに、旅行記さぼってたらとっくに終わっちゃった。

大きな書店があって、そこで本を買ったり、百貨店でやたら万引き防止の入り口ブザーに引っかかるも
よくありすぎることなのか、店員も全く気にせず「いっていいよー」みたいな感じだったりと街歩きを楽しんだ。

エルミタージュの広場も一面の雪。
おそらく翌朝にはきれいに除雪されるでしょう。
s-44aabucIMG_0476.jpg
サンクトペテルブルクはとても美しい街で、美術館や博物館もたくさん。
もっと長くいたかったな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる