ヤクルトのスムージー

あのヤクルトがスムージーを作ったのをちょっと前に知って、すごく気になってました。
飲んでみたいなと思っていたら、モラタメさんのモラでそのチャンスが!
s-P2190063.jpg
ヤクルトのケール&フルーツスムージーはケール配合。
これ苦いんですよね。
s-P2190064.jpg
でもそれだけじゃなくて、フルーツや大麦若葉も。
それに食物繊維と腸まで届くヤクルトのガラクトオリゴ糖まで。

飲みやすそうだし、野菜を手軽にチャージできていいな。
s-P2190065.jpg
スティックだから場所もとらないし。

水に溶かすだけー。
自分でスムージーを作るとなったら、野菜やフルーツを洗って切ってミキサーにかけて、ミキサーを洗って・・・と大変。
s-P2190066.jpg
ありがたいです。

それに味がとってもおいしい。
フルーティーで子供でも飲めると思います。
s-P2190069.jpg
なんといっても気に入ったのは農薬や化学肥料を使わずに栽培したケール、バーリーグラス(大麦若葉)を使用しているところ。

継続して飲みたくなる魅力があります。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

あのホクトのきのこごはん

キノコで有名なホクトさん。
しょっちゅう私もスーパーで購入していますが、こんな商品もあるとは知らなかった!
s-P2080001.jpg
ホクトオンラインショップさんのきのこの炊き込みご飯の素(2合用/2~3人前/120g)(ご購入はこちら)

キノコメーカーのだから、素材も良いに違いないし、期待が高まります。
s-P2080002.jpg
入っているのは霜降りひらたけ、マイタケ、ぶなしめじ、エリンギです。
s-P2080003.jpg
具沢山でおいしそう。

お米と一緒に炊くだけですごく簡単。
我が家では炊飯器が壊れて以来、圧力鍋で炊くのでちょっと心配でした。
が、いつもと同じに炊けば大丈夫でしたよ。
s-P2080006.jpgs-P2080007.jpg
お水加減だけ裏面の説明にしたがって調整しました。
蓋を開けたら広がるきのこと出汁の香り。

きのこだけでこんなにおいしいんだと驚きました。
口の中で風味が広がっていくらでも食べられちゃう。
s-P2080008.jpg
どんどん箸がすすむし、家族で満足に食べられる大容量タイプも是非出して欲しい。
ストックしておくと、献立を思いつかない日に活躍してくれそう。



ホクト きのこで菌活 健康サポートファンサイト参加中

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

夢のマンゴーパンケーキ

おやつに夢のパンケーキを作りました。
高く重ねたパンケーキにフルーツやアイスクリームのトッピング。
子供の頃からこういうのにあこがれていました。
s-P2070075.jpg
さすがに一人では食べてないですよ。
家族みんなで仲良く分けたけど、見た目的に積むと満足できますね。

使ったソースも特別なもの。
宮古島のしあわせマンゴー 果肉入りマンゴーソースhttp://tidafactory.shop-pro.jp/?pid=110016755っていいます。
s-P2070059.jpg
このソース自体がまず、すっごくおいしいんです。
宮古島で大切に育てられた完熟マンゴーの果肉まで詰まっていて、濃厚で甘酸っぱくて。
これだけでも十分スイーツとして成立するレベル。
s-P2070061.jpg
作っているティダファクトリさんの直営ショップでは大人気かき氷に使われているそう。
確かにミルクのふわっとしたかき氷にとっても合いそうで、是非宮古島に行って食べてみたくなりました。

ソースの中の果肉は固いのがごろっとしているのではなく、とろとろにやわらかく一体化している感じです。
ヨーグルトに入れるととろけるような食感でおいしかったなあ。
s-P2070066.jpg
いくらでも食べられるというか、飲めるくらい好きです。

あ、味とは違う部分ですが、パウチの作りもすばらしかったですよ。
この両端の部分が白いでしょ。
ここは固いプラになっています。
s-P2070067.jpg
ただそれだけ?と思うかもしれませんが、役立つんです。
これのおかげで握る時の力加減を間違えてドバっと出る現象が起こりにくい気がしますよ。
もうこの世の全てのパウチ商品はこの形状にして欲しい!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

初めてのねじめびわ茶

お茶って緑茶、紅茶、ハーブティーなど種類問わず大好きです。
いろいろそろえて、日替わりで飲むのが楽しみになってます。

家族みんなで食事の時に飲むのはノンカフェインな健康茶が多いかな。
たとえば、ねじめびわ茶(http://www.totsukawa.co.jp/lp2/?acc=gettys&accwd=c)とか。
s-P1290001.jpg
最近になって初めて知ったお茶なんですが、すでにお気に入りになってます。

名前の通り、鹿児島県肝属郡南大隅町根占からやってきたびわ葉だけで作られたお茶。
それがすでにティーバッグに入っているのがとても便利。
s-P1290004.jpg
あとはやかんで煮出すだけなんです。
家族で飲むとあっという間になくなっちゃうから、手軽さって大事。
自分でスプーンで計って、専用バッグに入れてって地味に面倒なんですよね・・・

味はなんていうかな、クセが全くないわけではないんだけど、香ばしさの一環みたいな感じで捉えられるというか。
別に子供でも問題なく飲める程度です。
s-P1290019.jpgs-P1290021.jpg
冷やした方がより飲みやすいかもしれませんね。
ちなみに水1リットルに対し、ティーバッグ1袋を入れ沸騰後、3分程煮出して作りました。

一回分は小さく軽いです。
でも結構しっかり色もでますね。
s-P1290007.jpg
でがらしは、植木や菜園の肥料にも使えるそうなので、春先とかだとやれたのになとちょっと残念。
今、冬場で肥料あげるようなのがいないんです。

あと気になっているのが、お茶として飲む以外にも使えるところ。
水の代わりに料理に使えるんだって。
確かに素材の味を邪魔したりしないと思うし、いいかも。
紅茶豚のかわりにびわ茶豚にするとかね。
s-P1290005.jpg
うちの場合、ものすごい勢いで消費しているからお茶としてだけになっちゃうかも。
食事によく合うし、ぐいぐいいけちゃいます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本気のもちピザ

おもちが余ると作るもちピザ。
チーズとおもちってすごく合いますよね。
好き過ぎておもちをわざわざ買って作ることもあります。

そのもちピザ、本格的に作れるシートがあるんですよ。
九州産もち米100% グルテンフリーのもちピザシートhttps://item.rakuten.co.jp/umaimon9218/10000003)。
s-PC200008.jpg
自分で作るときもある程度、おもちを薄めに切ります。
でも、絶対にここまでは無理っていう薄さ。

ハーフサイズ4枚入っています
つまり丸い普通のピザが二枚つくれますよ。
s-P1180001.jpg
フライパンで作る場合は油を引く必要があるので、もっとヘルシーにいきたい方はクッキングシートを使ってオーブンがいいかもしれませんね。

作り方は裏面にあって、とっても簡単。
子どもでも作れるんじゃないかな。
s-PC200010.jpg
個人的にはもち米の産地も九州としっかりわかる点もいいなと思いました。

せっかくだし野菜たっぷりピザにしようと思ったら、最近やたらと野菜が高騰してる・・・
まあ、具は少なめの方が作りやすいようだし方向転換しました。
s-P1180002.jpg
薄くカレーソースをぬります。
その上にステーキの余りをカットしたもの、薄切りトマト。

チーズをかけていきます。
ここまですんだら蓋をして火力を上げて、とろけるのを待つだけ。
8分くらいで完成します。
s-P1180003.jpg
もうひとつフライパンを使って、同時進行でつくっておきました。
そうすると家族みんなでできたてを食べられますもんね。

味はいつものお餅のピザではあるんだけど、もち部分の厚みが違うだけでこんなに食感が違うのかと衝撃!
カリッカリで、でもとろんとした部分もあって正直なところ、普通の小麦粉の生地のピザより圧倒的においしいと思います。
s-P1180005.jpg
家族もどうやって作ったの?と驚いていました。
グルテンフリーに取り組んでいる方にもぴったりですし、何よりとにかくおいしい!
いろいろな味の組み合わせに挑戦してもっと食べてみたいです。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる