愛想が尽きる

[結婚指輪] ブログ村キーワード

週末に最悪なことが起きた。

娘を浴室に連れて行く途中、息子を見ると口をもぐもぐさせていた。
ティッシュかなにかかと口を覗くと、かなり大きなものが光っている。
ボタン!?
それがどんどん奥に入っていく。
咄嗟に体が動いて吐かせることが出来た。
育児書の緊急時の対応を読み込んでいて良かった。
実際にやったことはなくても、本の通りにできるんだなあ。

そんなことより、吐いたもの。
ボタンではなく、なんと指輪。
夫の結婚指輪だったのだ。
こんな大きなものを飲んだらやばい。
うまく出せて本当によかった。
安心すると同時にかっとなり、夫をどなりつけた。
五分間くらい、どなりながら説教した。
その後、胃が痛くなり苦しむ。

夫は外していないという。
なんでこんなところに落ちているのかわからないと。

ここ最近、夫は指輪を外すことが多かった。
太ってきつくなったらしい。
薬指につけると、しびれてくると言っていた。
小指に付け替えていることもあった。
当然ながら、今度はゆる過ぎる。
外出先でそれを見たことがある。
「そんなことをしていると、いつか絶対落とすよ」と注意した。
「大丈夫だし、もし取れてもわかる」とやめようとしなかった。
今回もどうせ小指にしていて、落ちても気づかなかったんだろう。

注意されても「大丈夫」と気楽に構えて行動を変えようとしない夫。
赤ちゃん用品の注意書きも読まなければ、緊急の対応の知識もない。
事故なんて起きないと思っているから。
普段も「二人泣いてうるさいなら、一人ベビーサークルに入れて留守番させて、片方を抱っこして散歩すれば?」なんて言う。
地震、火事、強盗、急な病気などあったらどうするんだ。
0歳児を置いて外出なんてどんな親だよ。

自分のとる行動で、周囲に危険が及ぶ可能性を考えない。
考えても「自分は大丈夫」と過信する。
私の大嫌いな、ベビーカーをエスカレーターに乗せる馬鹿どもと同じじゃないか。

私は神経質すぎるかもしれない。
けれど、人間は放っておけば楽な方向に流れてしまう。
経験のない時なら目に留めていたような事も「あの時も平気だったから」と見過ごしがちになる。
本当はしなきゃいけないことも、面倒だからと省略したり、ずるをしてさぼったり。
それを食い止めるために己を律して初心を忘れないようにすべきだと思っている。
楽をしたい自分とそれで中和されるから。

今回の指輪の件は何重にも腹が立つ点がある。
一番大きいのはもちろん、落とした場合や、誤飲の可能性も考えず、息子に苦しい思いをさせたこと。
結婚指輪自体を粗末にした形になり、私に対しても失礼。
おちびちゃんのための指輪でもあるのにひどい。
出張前のピリピリしている時期にストレスを増やさないで欲しいわ。
楽天的なのは結構だけど、こんなに馬鹿だと愛想が尽きる。

夫は深く反省し、絶対に痩せると言い出した。
指輪を薬指にはめられるようにするんだと。
反省すべきはそこじゃない気もするが・・・
もちろん、日ごろの態度、考え方も変えるとは言っていた。
まあ、やってみるが良い。
性格も体型もゆるい夫がどれだけ変わるか見ものだ。

怒りブログいっぱい
にほんブログ村 トラコミュ 嫁・姑・舅・子姑・そしてバカ旦那へ
嫁・姑・舅・子姑・そしてバカ旦那

にほんブログ村 トラコミュ どうなってんの!? ~喜怒哀楽編~へ
どうなってんの!? ~喜怒哀楽編~
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる