野菜たっぷり!長崎皿うどん

九州出身の私は、子どもの頃、よくマルタイさんの長崎皿うどんを食べていた。
s-44aabucP3303463.jpg
パリパリに揚げた細麺にからむ具沢山のあんがおいしかったなあ。
好き嫌いの多い妹も長崎皿うどんだと何も残さないくらい。

そんな昔を思い出しつつ、作ってみました。
s-44aabucP3303466.jpg
使うのは長崎(長崎市、佐世保市、雲仙市)のアンテナショップ「キトラス」さんの野菜詰め合わせ。
長崎産の新鮮野菜が綺麗なこと!
特にキャベツの元気さには、夫が大感動していました。

ちなみに東京生まれの夫、おうちで長崎皿うどんは未経験らしい。
s-44aabucP3303465.jpg
是非作ってみたいと言うので、一緒にキッチンに立ちます。

子どもたちも手伝いたそう。
s-44aabucP3303491.jpg
ということで、あんかけスープを担当してもらいました。

4人分まとめて水にとかしてもらった。
s-44aabucP3303492.jpgs-44aabucP3303493.jpg
今度は夫が野菜や豚肉、イカを刻み
s-44aabucP3303489.jpgs-44aabucP3303495.jpg
火が通りにくい順から私が炒めて、あんかけスープでとろみをつける!

麺をお皿に出すのはまたまた子どもたち。
s-44aabucP3303496.jpg
もともとほぐしながら盛るものだし、子どもが崩しちゃっても気にならない。
お手伝いしたがりの二人はすごく喜んでました。

あんをかけたらすぐに頂きます!
s-44aabucP3303498.jpg
時間が経つとパリパリ感がなくなるから。

「いろいろな味がするから飽きないね。長崎の中華街で食べたことはあるけど、こんな簡単に家で作れるんだ」と夫。
そう、たくさん具材があるから面倒にみえるけど、切ってまとめて炒めてあんかけスープでとろみをつけるだけなので
結構簡単なんです。
夫は今度休みの日に自分が作ってあげるとも言っていたから期待。
s-44aabucP3303499.jpgs-44aabucP3303506.jpg
私はフライパンからあふれんばかりの野菜や肉などを入れたこともあり、味が薄くなるかなとちょっと心配でした。
でも、元からそれを想定してあるのかしっかり味がついてます。
容赦なく具を投入して大丈夫です!
味も食感も様々でたまらないー。

子どもたちはカリカリするのが楽しかったみたい。
普段からあまり好き嫌いはしないけれど、一層食欲が湧くらしく大人と同じ量を食べてます。
親になって作ってみると、野菜も楽しく食べてくれる魔法の料理だなと思います。
s-44aabucP3303503.jpgs-44aabucP3303507.jpg
娘は時間がたって麺がしんなりしてきたのもまた気に入ったようで「これだっておいしいよ」と教えてくれました。

大人も子どもも野菜嫌いな人には特におすすめ。
我が家は作る手順が楽しいコミュニケーションになったこともあり、
家族みんないる休日のお昼のレパートリーに取り入れようと決めました。

ちょうど今日から5/12まで味のマルタイ 長崎皿うどん新鮮直送便キャンペーンを開催中。
私が今回使った長崎(長崎市、佐世保市、雲仙市)のアンテナショップ「キトラス」より野菜詰め合わせ、マルタイ「長崎皿うどん」2袋が当たりますよ。
興味のある方は野菜キャンペーンサイトをどうぞ!

モニプラでも味のマルタイ 長崎皿うどんフォトコンテスト開催中。
こちらは2014/04/01~2014/05/31まで。
自分で作った皿うどん写真にキャッチフレーズをつけて投稿するって楽しそう。
私もやってみようかな。
モニプラページも見てくださいね。


株式会社マルタイ様からマルタイ「長崎皿うどん」特別モニターに選ばれました
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる