憧れのエルミタージュへ

2013年3月ロシア旅行。

2日目。
文学カフェのつづき。
美術館巡りが好きなので、漠然と行ってみたいと思っていたエルミタージュ美術館。
まさか本当に足を踏み入れる日が来るとは。
s-44aabucIMG_0152.jpg
ロシアに来るに辺り、エカテリーナ2世についてもかなり予習したから
その意味でも感慨深い。

エカテリーナ2世の漫画で印象的なシーンに登場した宮殿前広場。
s-44aabucIMG_0150.jpg
ちなみにこの画像にあるアレクサンドルの円柱は、自分の重さだけで立っているらしい。
固定してないってすごいな…

春夏は恐ろしく混むらしいこの美術館も冬はガラガラ。
それはどこの観光地もそうらしく、ガイドさんがしきりに「夏に来る人は並ぶのが大変でかわいそう」と言っていた。
こういうツアーだと予約してるみたいだけど、それでも待ち時間は発生するんだと。

この中が一番お得と言われ、日本語版解説本購入。
なるほど、おみやげ物屋でも同じ本あったけど、少し安い。
かなり充実した内容で面白かった。
s-44aabucIMG_0177.jpgs-44aabucIMG_0165.jpg
エルミタージュの素晴らしさは美術品だけでなく建物自体でもあると思う。
さすが元宮殿。

凝りまくり、贅を尽くした床、天井、柱。
それがゆけども続く。
s-44aabucIMG_0156.jpg
建物好きとしても楽しめた。

ガイドさんと3時間、残りは1時間自由というスケジュールでも全然足りない。
s-44aabucIMG_0243.jpgs-44aabucIMG_0263.jpg
所蔵作品300万点、部屋は1050室というありえない規模に圧倒されっぱなし。
ひとつの作品を一分、一日8時間くらい見続けても15年以上かかるとか。
ルーブルと共に、いつか再訪してじっくり見学したい美術館。

街中でもそうだったけど、ロシアの建物ってこういう人がくっついてるのが多い・・・
s-44aabucIMG_0178.jpgs-44aabucIMG_0158.jpg
こんな気になる部分や作品の画像を撮りまくった。
個人的にはガイドしてもらうより、自由に見る時間をもっと増やして欲しかったな。

作品の画像をたくさん載せてもつまらないと思うので、一つだけ。
やたらアニメっぽい織物。
s-44aabucIMG_0170.jpg
ここに限らず、コートを預かるクロ-クが大規模だったのがロシアだなあと感じた。
ダウンなんて持ってると邪魔だもんね。
ねずみ対策に地下で猫をたくさん飼っているというのが、なんかかわいくて印象的です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる