15の夜的な

2013年3月ロシア旅行

2日目。
憧れのエルミタージュへのつづき。
s-44aabucIMG_0292.jpgs-44aabucIMG_0285.jpg
名残惜しくエルミタージュ美術館を出た後は夕食。
この時点で17時半くらい。

小さなダイスにカットした野菜やハムをマヨネーズで和えたサラダ。
s-44aabucIMG_0284.jpg
調べてみたらオリヴィエ・サラダといって、ロシア料理の定番みたいで、私は結構おいしいと思った。
というか、嫌いな人はあまりいない味かも。

本日のメインはキエフ風チキンカツレツ。
s-44aabucIMG_0286.jpgs-44aabucIMG_0287.jpg
切るとバターがじゅわーっと出てきます。
鶏自体は胸肉で見た目よりさっぱり。
薄味だったから塩が欲しかった。

デザートはアップルパイ。
s-44aabucIMG_0289.jpg
オプションでこの後コサックダンスショーの人もいたし、夕食前から離脱してバレエ鑑賞に出かけた人も。
何もない人はホテルに戻った。

この後、あの添乗員と嫌なことがあって、くさくさ。
s-44aabucIMG_0305.jpg
気分転換に夫と夜の街へ出ることに。
ホテルの立地が素晴らしいおかげで、2~3分歩けば、サンクトペテルブルクのメインストリートのネフスキー大通りに到着。
日本で言うと、銀座みたいな雰囲気だと思った。

上の画像ではしっかり夜だけど、最初は全然暗くなかった。
3月の日没は20時前くらいみたい。
s-44aabucIMG_0299.jpgs-44aabucIMG_0313.jpg
しかし、あの添乗員のいないところに来た解放感といったらない。 
15の夜を口ずさみたくなったくらい。
何気ない街の光景が輝いて見える。

教師を振り切ってさぼる学生みたいなこの感覚、大人になってから味わったことが無い。
こんな気持ちになれるなんて、あいつにも存在意義があったねと夫と二人で語り合った。
知らない街で二人きりで歩くって楽しいな。
s-44aabucIMG_0303.jpgs-44aabucIMG_0309.jpg
ところで、右のディスプレイ、ちょっと面白くないですか。
私が写真をとっていたら、「なんでこんなものを?」という風に興味を示して寄ってきた通行人、
今までじっくり中を見たことはなかったっぽく、足の生えたチェリーに気づいて大笑いしていた。

血の上の教会も夜見ると一段と綺麗。
s-44aabucIMG_0312.jpg
普通のお店に加え、ちょっと入った通りにスーパーも見つけ、
かなりたくさん買い物をした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる