横浜トリエンナーレ

この2ヶ月くらい、休日にちょこちょこ横浜トリエンナーレを楽しんでいる。
s-44aabucP8306460.jpg
街にもちょこちょこ作品が登場。
ギムホンソックのクマのような構造物-629はMARKS IS みなとみらいの地下に。

メイン会場の横浜美術館前にもヴィム・デルボアの低床トレーラー。
s-44aabucP9216807.jpg
これは子どもがすごく気にしていた。

横浜美術館で印象に残っている吉村益信の豚;pig' Lib。
s-44aabucP9216835.jpg
あと紙をつんでいる作品も。
他の人が持っていっている様子だったので、気にしていたら係りの人が「何か聞きたいことありますか?」とやってきた。
「これもっていっていいんですか?」と聞くと、「一枚ずつならいいです。こちらからは言ってはいけないことになっているので」というそれ込みで作品なのかというやりとりが。
しかし、その日の最初とかどうしてるんだろ。
誰も持っていってなかったら、駄目だと思って疑問も抱かないんじゃ。

館内のCafé小倉山ではトリエンナーレにちなんだメニュー。
s-44aabucP9216812.jpg
ポセイドンソーダはタピオカ入りで甘さ控えめ。

トリトンパフェはうまく写ってないけど、グラス下部のジュレとシロップ部分がすごくきれい。
s-44aabucP9216815.jpg
どちらも見た目重視かと思いきや、結構おいしかった。

雑な感想で申し訳ありませんが、新港ピアのは全体的になんとなく怖い印象が・・・
s-44aabucPA117626.jpg
連携セット券だったので入って、意外と良かったのが、BankART Life Ⅳ-東アジアの夢。
入った瞬間、何故かポップコーンのにおいがすると思ったら、本当にポップコーン!
時間になると、係りの人がポップコーンのもと?を鍋に入れて加熱。
想像以上に飛ぶ。

夫は原口典之のオイル・プールが心に残ったそう。
私は砂で作った韓国と北朝鮮の国旗に本物の蟻が巣を作ってるのかな。
ベタな現代アートっぽさ。

仮想のコミュニティ アジア ─ 黄金町バザール2014は、点在する元風俗とかに使われていたっぽい建物に入って作品鑑賞、スタンプラリーもできるという形式。
s-44aabucP8306451.jpg
初めて来たけど、なかなか趣がある街並み。

各会場の間には送迎バスがあり、これが結構便利。
特に黄金町なんて離れてるし。

遠くから来て一日で見るとなると大変。
でも、近場で期間の間に何度か足を運んでだと長くのんびり楽しめておすすめ。
黄金町とバンクアートは会期中何度も入れるし。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる