たなかふぁーむのにんにくを楽しむ

にんにく大好きな夫がいるので、我が家ににんにくは欠かせません。
どうせならこだわりのにんにくを使ってみたいと、食の安全を願う生産者さんの農作物が手に入るふるさと21さんのを。
s-P5293921.jpg
こちらは福岡県のたなかふぁーむさんの農薬や化学肥料を使用しないにんにく。
s-tanaka_farm_top.jpg
堆肥はバーク堆肥とキノコの菌床だけに限定。

にんにくの裏作で他の野菜を栽培することにより、にんにくの成分が害虫被害の軽減につながっているそうですよ。
s-P5303922.jpg
なんだか紫っぽい部分もあって珍しいなあ。
これは九州の土地にあった品種で、病気に強くて味もいい嘉定種とのこと。

香りもしっかりしていました。
私も九州出身なのでなんとなく親近感が。
s-P5303924.jpgs-P5303926.jpg
今回は生にんにくで、よく使う乾燥のものより皮がむきやすく、みずみずしさも感じられました。

さて、まずはそのまま料理に使ってみましょう。
s-P5303928.jpgs-P5313936.jpg
麻婆豆腐に野菜のガーリック炒め。
それぞれにんにくの味が素材を引き立ててくれてます。

カレーのお肉と一緒に炒めれば風味が移って食欲も倍増。
s-P6013956.jpgs-P6013960.jpg
この組み合わせ、個人的には一番好きです。

たくさんあるので、加工もしてみます。
s-P5303923.jpg
これは酢につけるだけ。
もちろん、にんにくも食べられるし、酢に風味が移ってワンランク上の調味料に変身。

餃子を食べるときの酢醤油に使ってもおいしいし、ドレッシング作りの時に加えると、ガーリックフレーバーが最高。
s-P6174200.jpg
タコのマリネにも使いました。

味噌漬けや醤油漬けにも挑戦。
s-P6074013.jpg
がんばってたくさん剥き、二日ほど塩水に浸した後、洗い、ざるにあげて水気を切ります。

調べた時に惹かれたにんにく味噌床にしてみようと味噌と酒を混ぜた中ににんにくを混ぜ、冷蔵庫で寝かせます。
s-P6074015.jpgs-P6074014_20160624232945fd0.jpg
醤油はジップロックで手軽に。
こちらもしばらく置きます。

にんにくは漬かりきってなくても、風味の移った醤油は調味料として活躍してくれます。
s-P6144142_20160624232948e8f.jpg
刻んだにんにくと一緒に焼き飯に使ったら、シンプルな具でもおいしい。
早く漬かりきったにんにくも食べたいな。

にんにく味噌床はそろそろ良さ気。
s-P6174201.jpgs-P6184208.jpg
人参と大根を漬けてみました。

あまりつけると味が濃くなるので、数時間でいいみたい。
s-P6184224.jpg
味噌だけに漬けるのとはまた違う、にんにくの旨みも染みたお漬物に。
いろいろな食材を漬けて楽しんでます。

またまたカレー。
こちらはスープカレーでにんにくもやや大きめで具の一部のように味わいました。
s-P6244277.jpg
ほっくりした食感が楽しめましたよ。
そのうち、味噌や醤油に漬けたにんにく自体も食べられるようになるし、しばらくたなかふぁーむさんのにんにくライフを送れそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleフリーエリアsidetitle
ランキング参加中です クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
sidetitleプロフィールsidetitle
画像、文章の無断転載禁止

pine

Author:pine
新しいもの・珍しいものが大好きな主婦です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle参加sidetitle
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ 非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleFC2カウンターsidetitle
2009.7.23~
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる